包茎を手術で治したことについて

私は、今年の初旬に包茎治療を受けました。
自分が方形であるという自覚は相当前からあったのですが、治療を受けるということ自体がまず恥ずかしいと感じていたことと、手術の手法が余った包皮を切除することだと理解していたので、治療手法に対する恐怖の気持ちから、なかなか治療を受ける決心がつきませんでした。
でも、コンプレックスは強く持っていたので、それを解消することを主眼に考え、思い切って近所の専門医に相談に行きました。
男性の先生で、恥ずかしかったのですがなんとなく話しやすい雰囲気の方で、いろんな話をしました。
治療の手法で、切除以外にも整形手術の二重瞼を作る方法と同様に、余った皮を人工的にたわませて処置をするという手法もあると紹介してもらいました。
私は迷わずこちらを選びました。
若干治療費はかかりましたが、術の痕もほとんど目立ちませんでした。
最初は相談自体恥ずかしかったのですが、思いきって相談に行って良かったと振り返ります。