包茎治療をして、人生が変わったこと

私は何となく自分に自信が持てず、学校でも控えめで、会社でもけして前に出る性格ではありませんでした。
その理由をずっと分らないでいましたが、ビジネスの面でも為になりますし、女性にモテるようになるという話も聞いたことがあったので、心理学の勉強をするようになってその理由が分りました。
人間の脳は、潜在的に思っていることに強く支配されると言う事です。
例えば、読みかけの本があると、それをいつか読まなければいけないみたいにエネルギーを使うので、本当に大事なことの何%か集中するエネルギーを取られてしまうそうです。
ですから、ベストな方法としてやるべき事はすぐにでも終わらせてしまうか、忘れてしまうかどちらかにするべきだそうです。
恥ずかしい話ですが、私は包茎です。
これが、潜在意識の中で常に気になっていたので、なんとなく自分に自信が持てないとか、前に出られない性格に結びついているのだと気が付きました。
もちろん、包茎は肉体的コンプレックスなので、忘れることは出来ません。
ですから、私の選択は包茎治療をするの一択でしたね。
インターネットで調べると、全てのスタッフが男性で、プライベートを完全に守ってくれるクリニックなどもあり、比較しているうちに行くのに勇気がいるとかl、恥ずかしいという概念が自分でも薄れていくのが分りました。
私の場合、仮性包茎だったので、カントン包茎とかよりも包茎治療もダメージを受けるものではなく、この懸念が払拭されてから、人生が変わりましたね。